【KAINについて】株式会社草川精機

今回はKAINに所属している株式会社草川精機(以下草川精機)を紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210302195349p:plain

株式会社草川精機

 

草川精機は研磨砥石という石を使い、アルミやステンレスなどを大きな塊から削り取ることから加工することまで(研削加工)を行っています。

そして、大型部品から小物部品までのあらゆる金属・非金属の研削加工が可能です。

 

伝統的な加工技術を強みとしており、オリジナルのシステムを導入しつつ、最新の設備を活用し伝統を継承しています。

 

主に、スマートフォン用の液晶画面の製造装置、ロボットアームなどの産業機械分野、医療用カプセルの成形型など医療分野の他、航空機関連分野などの受注を行っています。

 

草川精機は、航空機関連部品の加工を請け負っていません。

しかし、航空機関連の認証を取得している企業から航空機のカーボンなどを成形する型などの製作や、人工衛星等の部品の製作は請け負っています。

 

 徹底した品質管理システムにて、安心した品質で顧客に商品を提供しています。時代の変化とともに進化し、環境に配慮し、未来につなげる企業として、邁進しています。

 

(渡部) 

 

【参考資料】

・株式会社草川精機:https://kusakawa.co.jp/info/

・株式会社草川精機(京都企業紹介)/京都府ホームページ:https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/company/kusakawa.html

・JAPAN AEROSPACE 2016 国際航空宇宙展 参加メンバーポスター

https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/documents/kainposter.pdf

【KAINについて】株式会社KOYO熱錬

 

 

今回はKAINに所属している、株式会社KOYO熱錬(以下KOYO熱錬)を紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210302194744p:plain

株式会社KOYO熱錬


KOYO熱錬は自動車、建設機械、航空機部品などの熱処理加工を行っています。

熱処理とは、金属を加熱・冷却することで性質を変化させ、素材としての特性を高めることです。

 

KOYO熱錬は、平成5年にアメリカの航空機メーカーの熱処理加工認定工場に指定されたのを機に、航空機部品の熱処理加工を請け負うようになりました。

主に、航空機のアクセサリギヤボックスなどに使用されるギヤ部品や機体構成部品の熱処理加工を行っています。

アクセサリギアボックスというのは、発電機や燃料のポンプを動かすために必要なものです。

  

KOYO熱錬は、先人から受け継いだ知恵と技能を活かし、ISO9001・Nadcap・JISQ9100という様々な認証を取得しています。

グローバルな視野を持っており、21世紀の産業と経済社会への貢献も行っています。

 

(渡部) 

 

【参考資料】

・株式会社KOYO熱錬:http://www.koyo-kinzoku.com/index.html

・JAPAN AEROSPACE 2016 国際航空宇宙展 参加メンバーポスター

https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/documents/kainposter.pdf

 

【KAINについて】株式会社寺内製作所

今回はKAINに所属している株式会社寺内製作所(以下寺内製作所)を紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210302193449p:plain

株式会社寺内製作所

 

寺内製作所は、創業100年を超える歴史のある企業です。

以下のような航空宇宙、発電分野用ボルト・ナットや小物機械加工品の部品を製造しています。

 

ボルトとは、ネジの種類の1つです。

ナットは、上記の画像のような内側にネジのついている部品です。

 

 

f:id:kain-aerospace:20210302193528p:plain

ボルト

 

f:id:kain-aerospace:20210302193617p:plain

ナット

 

f:id:kain-aerospace:20210302193721j:plain

機械加工品

 

 これらは、航空機の機体やエンジン、装備品に使用されています。

 

他にも、下記のような航空機の各種ファスナーの製造や、ボーイング社などの最新の航空機用の部品の加工も行っています。

 

f:id:kain-aerospace:20210302193806p:plain

航空機ファスナー

 

航空宇宙産業は、高い信頼性と品質管理を要求されます。

寺内製作所はこれらに対応するため、ISO9001・JISQ9100を取得しており、Nadcap認定も有しています。

このような様々な認証を取得し、品質のシステムを継続的に維持改善し、信頼できる製品を実現することによって、飛行安全を確保しています。

だから、私たちが安心して飛行機に搭乗できるのですね。

 

【参考資料】

・株式会社寺内製作所:https://www.terauchi-mfg.co.jp/

・JAPAN AEROSPACE 2016 国際航空宇宙展 参加メンバーポスター

https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/documents/kainposter.pdf

 

【KAINについて】有限会社東洋精機製作所

今回はKAINに所属している有限会社東洋精機製作所(以下東洋精機製作所)を紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210302194944p:plain

有限会社東洋精機製作所

 東洋精機製作所は施盤/ターニング加工(※1)を中心に、研削加工(※2)、マシニング加工(※3)及びミリング加工(※4)から組立まで社内一貫加工で行います。

社内一貫加工であることから、顧客の要望に迅速、柔軟に対応が可能です。

 

 

f:id:kain-aerospace:20210302195112p:plain

 

 

ステンレス、アルミニウムはもちろん、チタンなどの合金の他に、削ることが難しい材料の加工も対応可能です。特に、「丸物」と呼ばれる円柱形の材料から加工する仕事を得意としています。

 

東洋精機製作所は、主に医薬・医療分野で使用される精密機械の部品の製造・加工を行っています。

航空宇宙産業に関する部品の製造はそれほど多くはないのですが、社内の品質管理レベルを向上・安定させる他、社内教育をより充実させるために航空宇宙関係の認証「AS9100D」を取得しています。

 

航空宇宙産業をはじめ、様々な業界のニーズに沿った部品を製造・加工している企業です。

 

※1 研削加工: 研磨砥石という石を使い、アルミやステンレスなどを大きな塊から削り取って加工することです。

※2 ターニング加工:研削加工をする工作機械の1つ「施盤(せんばん)」を使用した加工のことです。削りたいものを回転させながら刃物台を自動または手動で操作し、刃物台で取り付けられた切削工具で切削します。

※3 マシニング加工:マシニングセンタという工作機械を使用し、マシニングセンタに取り付けた様々な種類の刃物を高速で回転させ、素材を掘ったり削ったりする加工のことです。

※4 ミリング加工:複数の刃のついたカッターが回転し、あらゆる方向に動く工作機械を使用し、素材を加工することです。

 

(渡部) 

 

【参考資料】

・有限会社東洋精機製作所:https://www.toyo-mech.com/qualitypolicy

・ターニングとは:http://carbide.mmc.co.jp/permanent/courses/86/what-is-turning.html

・マシニング加工とは:https://fujimura-metal-art.com/machinening/

・ミーリング加工とは:https://jp.misumi-ec.com/tech-info/categories/technical_data/td06/x0004.html

【KAINについて】川崎機械工業株式会社

 

 今回はKAINに所属している川崎機械工業株式会社(以下川崎機械工業)を紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210114235343p:plain

川崎機械工業株式会社

 

 川崎機械工業は、顧客のニーズに合わせて品質・機能・デザインを変え、多くの品種の商品を少量ずつ作る少量多品目生産という生産方法を得意としています。

主に内歯車の加工をしていることから、内歯車においての技術が自慢の企業です。

 

内歯車とは下記の画像のように、円周の内側に歯を切った歯車のことです。

 

f:id:kain-aerospace:20210114235421p:plain

内歯車を含む装置

 

この内歯車を高速で回転している研削砥石という金属などを研いだり、磨いたりする石を使い、加工していきます。

 

川崎機械工業は、陸空海それぞれの分野に対応しており、内歯車を加工し、幅広く生産をしています。

 

 空の航空宇宙産業については、“高い精度で空の安全に貢献”をモットーにしており、コマーシャルジェットのエンジン部分の主要歯車を担当しました。また、ヘリコプターのメインローターやひまわり静止衛星受信アンテナ駆動装置などの製作実績があります。

 

(渡部) 

 

<出典>

川崎機械工業株式会社

https://kawasaki-kikai.com/

JAPAN AEROSPACE 2016 国際航空宇宙展 参加メンバーポスター

https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/documents/kainposter.pdf

内歯車とは

https://kotobank.jp/word/内歯車-440525

切削加工とは

https://www.kgw.co.jp/support/knowledge/about/

 

【航空宇宙産業について】NASA

 こんにちは!!

 皆さんはNASAを知っていますか??この記事ではNASAの基本的な情報についてまとめ、その後NASAが航空宇宙産業にどのように関わっているのかについて紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210113002306p:plain

 NASAとはアメリカ航空宇宙局National Aeronautics and Space Administrationの略称で非軍事目的の宇宙開発および先進的な航空技術の研究開発を担う連邦政府組織です。首都ワシントンにあるNASA本部と、ジョンソン宇宙センター、ゴダード宇宙飛行センターなどアメリカ各地に存在するセンターからなっています。

 

 主な宇宙計画ではマーキュリー計画ジェミニ計画アポロ計画などがあり、スペースシャトルを就航させた実績があります。ほかにも、科学、通信・放送、地球観測などの分野で先導的な技術開発を行なっています。またNASAは2020年の12月30日に太陽と地球の近くの宇宙天気を探査する2つのミッションを実施することを発表しました。

 

 次にNASAと航空宇宙産業との関わりについてお話します。NASAは現在、ロケットの実利用と商業化に重点を移す方法を考えています。他にも次世代の大型ロケットの開発、衛星の打ち上げ等を行い、それらに航空宇宙産業の様々な企業が開発や運用で関わっています。

 

(明石)

 

<出典>

NASA コトバンク

https://kotobank.jp/word/NASA-156842)

https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%B1%80-27465

NASA 公式

https://www.nasa.gov/press-release/nasa-approves-heliophysics-missions-to-explore-sun-earth-s-aurora

日本工業宇宙会レポートhttps://www.sjac.or.jp/common/pdf/sjac_gaiyo/info/sekai_H30.pdf

 

<画像の出典>

Canva

https://www.canva.com/photos/MADQ42_zO9o-international-space-station/

 

【航空宇宙産業について】JAXA

皆さんこんにちは!!

皆さんはJAXAを知っていますか??

この記事ではJAXAの基本的な情報についてまとめ、その後JAXAが航空宇宙産業とどのように関わっているのかについて紹介します。

 

f:id:kain-aerospace:20210113001721p:plain

 

JAXA(ジャクサ)は英文名称「Japan Aerospace Exploration Agency」の略称で、日本語の正式名称は「宇宙航空研究開発機構」です。
2003年10月1日、H-IIAロケットなど大型ロケットや人工衛星、宇宙ステーションなどの開発を中心に行ってきた宇宙開発事業団NASDA)、宇宙や惑星の研究を中心に行ってきた宇宙科学研究所ISAS)、次世代の航空宇宙技術の研究開発を中心に行ってきた航空宇宙技術研究所(NAL)の3機関が統合し、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う「宇宙航空研究開発機構」として新たに誕生しました。

 

JAXAは、政府全体の宇宙開発利用を技術で支える中核的実施機関と位置付けられ、研究や開発、利用に至るまで一貫して行っています。

主な業務内容は、以下の11項目です。

 1.人工衛星・探査機での貢献
 2. 宇宙環境の利用
 3. 地上と宇宙を結ぶ輸送システムの研究開発
 4. 宇宙科学・惑星探査の研究
 5. 航空技術の研究
 6. 基盤技術の研究
 7. 産業振興
 8. 国際協力
 9. 教育活動
 10. 広報活動
 11. 他、宇宙航空分野を支える技術の研究開発

 

 次にJAXAと航空宇宙産業との関わりについてお話しします。航空機運航の安全性を向上させるとともに、それに関わる研究開発の推進も行っています。また航空宇宙機の自然災害対応や警備・警戒などの危機管理能力を向上させる災害・危機管理対応統合運用システムの研究開発や、ヘリコプターや無人機の利用拡大にむけ、運航管理や支援技術の研究開発などが行われています。

JAXAはこのような安全性の向上、危機管理能力の研究開発以外にも、様々な取り組みや業務で航空宇宙産業に関わっています。

 

(明石)

 

<出典>

JAXA 公式HP

https://www.jaxa.jp/

https://www.jaxa.jp/about/jaxa/index_j.html

ファン!ファン!JAXA

https://fanfun.jaxa.jp/faq/cat1/

JAXA 航空宇宙部門

https://www.aero.jaxa.jp/research/star/

 

<画像の出典>

Canva

https://www.canva.com/photos/MADQ42_zO9o-international-space-station/